【仕事に自信がない人へ】不安な気持ちをなくすためにできること

「仕事で成果が出ない」

「仕事でミスばかり繰り返してしまう」 

そんな風に仕事に自信がないと、仕事が長続きしなかったり、仕事を辞めたくなることもあるかもしれません。

この記事では、仕事に自信がなくて困っているあなたに、仕事に自信が持てない理由や、自信がなく不安な気持ちをなくすための具体的な対処法について紹介します。

目次

あなたが仕事に自信が持てない3つの理由

あなたは、どんな時に、仕事に自信が持てなくなりますか?

仕事に自信が持てない理由は、人により様々ですが、「自分がなぜ仕事に自信がもてないのか」を自覚することで、自信がない不安な気持ちをやわらげることができます。

そこで、仕事で自信が持てない理由の代表的なものを3つ紹介します。

1.コミュニケーションがとれない

仕事では、対人関係がつきものです。上司、同僚、部下、または、社外での営業など、コミュニケーションをとることが必要となります。

言いたいことが言えなかった、言ったことが上手く伝わらなかった、そんな経験はありませんか?

たとえば、依頼したい仕事をうまく伝えることができず、ひとりで抱え込んでしまい、残業が増えた。

コミュニケーションがとれないことは、精神的な負担も大きく、とても辛いことです。仕事の結果にも大きく影響し、自信のなさにも繋がります。

また、人が怖く、不安や緊張からうまく話せず、営業の成績がでないということもあるかもしれません。

人が怖いことも、コミュニケーションがとれない要因であり、自信のなさをより強くします。

2.自分が思う成果が出ない

自分が思い描いている目標を達成できなかったり、成果を得られないと、「自分は人より劣っているのではないか?」、「自分には向いていないのではないか?」という不安が生まれやすいです。

そのため、成功体験がないことは、自信をなくすことに繋がります。

たとえば、

営業の達成数を掲げても、目標が達成出来なかった。

売上目標金額を達成することが出来なかった。

そうした体験が続けば、自信を失うだけでなく、仕事への意欲が低下し、仕事を続けられなくなる場合もあります。

3.ミスばかりを繰り返してしまう

同じことを何度も注意される、同じことを何度も間違える。

そんな何度も失敗した体験が、「またやってしまうのでは?」、「私は何をやってもダメなのでは?」と不安が増幅し、自信がだんだんとなくなっていきますよね。

また、自信がなくなることで、より不安が強くなり、仕事のミスが続くというサイクルを作ってしまうこともあります。

なお、これら3つの理由が絡みあっていることもあります。

たとえば、コミュニケーションが円滑にとれないことで、連絡事項が正しく伝わらず、ミスが繰り返される。その結果、目標が達成できず、上司に怒られる。人が怖く感じる。コミュニケーションにストレスを感じる。

と言った具合です。

なので、自信がない理由は何であり、原因はどこであるのか?を、細かくみていくことが大切なのです。

自信がない不安な気持ちを1つずつ丁寧に確認してみましょう。

仕事で自信を持つために、やってみるといいこと

自信がない理由別に、やってみるといいことを紹介します。

1 コミュニケーションが苦手と感じる時

・コミュニケーションの相手の、何に自分が反応するのかを書き出してみる

大きな声で言われると萎縮してしまう。

悲しい、苦しい、気持ちがある。

父親に怒られたことを、思い出す。

など、具体例なども書き出すのもよいでしょう。

コミュニケーションにおいて、たとえば、人が怖いと感じることは、目の前の人に対して感じているように思えます。

しかし実際は、過去の体験から、その人を怖い人だと解釈し、気持ちの動揺が生まれています。

ポイントは、動揺している自分に気づくことです。そこで、一呼吸つけることが、相手の話しを「聞く」ことが出来る、ゆとりをつくります。

相手を過去からではなく、今目の前にいる人として、見ることができます。

2 自分の思う成果が出ない

・「私は成果を出している!」と宣言してみましょう

・その宣言した成果を出している私が、具体的にしていることは何かを、書き出してみます

言葉化して宣言する

「幸せになりたいと言っているうちは、幸せにはなれない」という例えを聞いたことがあるでしょうか?

「幸せになりたい」と願う背景には、「今、私は幸せではない」という世界があります。よって、幸せではない世界が継続し、幸せはいっこうに訪れません。

一方、「私は幸せです!」という言葉には、「今私は幸せである」という世界があります。

成果を出している自分を具体化する

たとえば「私は、営業目標を達成できる人です!」と、結果どうありたいのか? を宣言して生きることは、「そのことがある世界」を創り出すために、とっても重要なポイントです。

そして、自分が成果を出している人であるなら、どんな行動をしているかを具体的書いてみましょう。

成功への道筋の手順を書き出すイメージです。

宣言した自分に成りきって、楽しんでみましょう。

3 ミスばかり繰り返す

・今日1日を振り返り、完了をつくる

・できたことにフォーカスし、自分を誉める

今日一日を振り返る

一日の仕事に対して、よかったことや嬉しかったこと、逆に嫌だったことや悲しい、辛かったことなどを整理します。

ミスは誰しもがしてしまう可能性がありますが、継続してしまう理由には、「再びミスをしてしまうのではないか?」という不安と、「私はミスをする人だ」という思い込みからきています。

大切なことは、ミスしたことを翌日以降に引きずらず、しっかりとその日に気持ちの整理をつけること。、そして、次の日から、新しくリセットした自分でスタートできることです。

気持ちの整理をつけるために、ミスした時の状況や気持ちを書き出し、不安な気持ちや落ち込みをまずは自覚します。そうすることで、ミスした出来事と向き合い、完了させることができるのです。

次の仕事に取り掛かるときには、「ミスした私」ではなく、「ミスを活かしている私」として気持ちを切り替えてスタートしてみましょう。

自分を誉める

自分の最大の応援団は、自分です。

人は失敗にばかり意識をむけがちですが、できたことを褒めることも、自信を回復するためには大切です。

また、ミスをしてしまった時に自分を力づける言葉を見つけておくのもいいでしょう。

たとえば、「たくましい私!」、「成長中のわたし!」など、落ち込まず出るようなワードがおすすめです。

最後に…

今日は仕事の話しでしたが、例えを野球でするならば、本番にホームランを打つ自信は、日常の素振りの練習の数に比例する、と思いませんか?

大切なことは結果ではなく、日頃の積み重ねの一コマ、一コマです。

今の自分を承認し、できることからまずはやってみましょう!

あなたの人生に、あなたは存在していますか?

LINE友だち登録で

“個の発展”が始まる
セミナー動画をプレゼント

「自分らしく生きたい」と思っているのなら、
まずは、LINE公式アカウントにご登録♪

個の発展で「⾃分らしく⽣きたい」
「⽣まれてきた⽬的を果たしたい」が
可能になります。

LINE友だち登録で“個の発展”が始まるセミナー動画をプレゼント

動画を視聴すると、
いくつもの「わからない」と出会うでしょう。
「わからない」体験から、
あなたの“個の発展”が始まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる